バオバブ種 30粒
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

バオバブ種 30粒

¥1,500 税込

送料についてはこちら

セネガルのバオバブの木の種です。 品種は、Adansonia Digitataになります。 ずんぐりむっくりした木です。 ECOCERT及びUSDAオーガニック認証を取得しているバオバブの木の種になります。 露地栽培、プランター栽培どちらでも栽培可能です。 大体6月ー10月(北陸の気候の場合)が栽培期間です。 寒くなると根が枯れてきますので、継続して育てたい場合は、暖かい場所に置いて栽培するのが良いでしょう。 プランター栽培だと、ベランダでも十分栽培できます。 手間がかからない植物なので、植物栽培初心者の方でも楽しく栽培できます。 バオバブの木 セネガルのバオバブの木の種です。 品種は、Adansonia Digitataになります。 ずんぐりむっくりした木です。 ECOCERT及びUSDAオーガニック認証を取得しているバオバブの木の種になります。 露地栽培、プランター栽培どちらでも栽培可能です。 大体6月ー10月(北陸の気候の場合)が栽培期間です。 寒くなると根が枯れてきますので、継続して育てたい場合は、暖かい場所に置いて栽培するのが良いでしょう。 プランター栽培だと、ベランダでも十分栽培できます。 手間がかからない植物なので、植物栽培初心者の方でも楽しく栽培できます。 <栽培方法> ①種を浸水させる(根出し) ・気温が約25度前後の日が続いてきたら(梅雨の前の6月がそのくらいの気温になってくることが多いです。)、種を4-7日ほど浸水させます。 ・種がかぶるくらいの水をの量を目安にしてください。 ・あまり日の当たらないところが良いです。 ・水が汚れたら水を替えてください。種はなるべく触らないようにそうっとしておきましょう。 ・白い根が出てきたら、播くサインです。 ②種まき(芽出し) ・白い根が出てきたら、土に植えます。どんな土でも構いません。気温が25度以上の日が続いてきたら植えても大丈夫です。 ・直播の場合は、5センチくらいの深さのところに植えます。 ・プランター栽培の場合は、3センチくらいの深さのところ(親指の第一関節くらい)に植えます。 ・種をまいたら、毎日たっぷり水をやりましょう。表面が乾かないようにしてください。 ・種まきしてから1週間くらいしたら双葉がでてきます。 ③本葉出し ・種まきしてから2週間くらいで本葉が出てきます。(気温にもよります。) ・水やりは、毎日する必要はありません。表面が乾いてきたら水をあげてください。 ④栽培経過 ・気温が高いうちは、若葉が沢山出てきます。」 ・新芽は摘みとって食べると美味です。モロヘイヤのような粘りのある葉です。生でサラダのように食べることができます。(大変身体によいです)